ドラマの魅力

韓国時代劇をはじめとするお気に入りのドラマについて、感じたことを書いてます。

それぞれにドラマあり

  皆さんは、文房具ロボット文九郎をご存知だろうか。正確には2代目文九郎で、9つの文房具機能を備えたロボットである。当時小学2年生の私は、どうしてもこれが欲しかった。ある日、学校から帰ると私の勉強机の上に文九郎が置かれていた。近所の文具屋では中々置いていない代物を、母がネットで探しまくってこっそり買ってくれていたのだ。

 あれから14年。文九郎はいつの間にか私の部屋から姿を消した。開発社のサンスター文具バンダイの子会社になっていた。

 そして、私はというと、母が欲しいものを必死で探し回った経験すらない成人になっていた。

 再び文九郎を探し始める。f:id:ht06kane060912:20170304133154j:plain