読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマの魅力

韓国時代劇をはじめとするお気に入りのドラマについて、感じたことを書いてます。

トンイの好きな場面①

 奴婢から女官になっても幾度となく命を狙われてきたトンイが、承恩尚宮(王の寵愛を受けた女官)として宮殿に戻ってくる場面。

 怖い思いをしても宮殿に戻って以前のように働きたい理由を、トンイはこのように述べています。

「不当な扱いを受けた女官や、力を持たない奴婢のために働きたいのです」

 本人は自分がついた位の意味をまだ理解していませんが、宮殿に戻す際トンイの命を再び狙うであろう者からトンイを守ろうとする王の配慮であり、またトンイを愛する王の本当の気持ちでもありました。

f:id:ht06kane060912:20170103200024j:plain